tm-DIY’s blog

DIYに役立つ物や使いやすい物を商会しています。

中古パソコンを1万円以下で購入

中古パソコンを1万円以下で購入できる場所、方法は?
中古パソコンショップ

「どうしてもパソコンが必要!」だけど…かけられる予算はわずか1万円。

正直に言いますが、1万円で「新品」のパソコンを購入するのは無理です。

でもあきらめないでください!

中古パソコンであれば1万円でもなんとかなる可能性があります!

1 お金がないけどどうしてもパソコンが必要
2 1万円以下のパソコン…侮るなかれ!
3 中古パソコン購入時にまずチェックしたいのは【OS】
4 買うのはフリマサイトではなく中古パソコン専門店で
5 ジャンクワールド(JUNKWORLD)を今すぐチェック
お金がないけどどうしてもパソコンが必要

ネットサーフィンだけならスマホでも可能、といいますか最近はわざわざパソコンを開かずにスマホがメインという人の方が多いかもしれません。

とはいえ、ちょっとした文書を作成して印刷したり、表計算をしたりといった、いわゆるオフィスソフトを使った作業をするとなると、やはりパソコンがあると便利。

スマホでの作業ですと画面が小さくて見づらかったり、文字の入力がしづらい、コピペですら時間がかかります。パソコンと比べて作業効率が全然違いますよね。

「パソコンで最新の3Dゲームで遊びたい!」という願望を叶えるのは難しいですが、ネットサーフィンや文書の作成程度なら、何万円も払って新品のパソコンを買う必要はありません。

中古で、そして1万円以下のパソコンでも十分対応することができます。

ぶっちゃけた話、文字入力する位であれば、最新のパソコンでも5年前のパソコンでも体感的にそれほど変わらないんですね。

1万円以下のパソコン…侮るなかれ!

「1万年で買えるパソコンなんてどうせ低スペックで使い物にならないでしょ?」と思われがちですが、決してそんなことはありません。

最近発売された新品のパソコンと比べて性能は低いのは当たり前ですが、1万円あればそこそこの性能のパソコンが買えちゃうんですよ。

先ほどお話ししたとおり、最新の3Dオンラインゲームや動画の編集などの重い作業をしない限り、ほとんど問題なく使用することができます。

中古パソコン購入時にまずチェックしたいのは【OS】

中古パソコンを購入する際の注意点として、インストールされているOSは必ずチェックするようにしてください。

OSには色々種類がありますが、今買うならWindows10がインストールされたパソコンを選ぶようにしましょう。

Windows7は2020年1月14日でサポートが終了していますしWindows8.1もサポート期間は2023年1月11日までとなっています。

以上からこれらのOSは避けて、Windows10のパソコンを購入するのがオススメです。私も現在所有しているパソコンは全てWindows10です。

また、Windows7よりも更に前世代のOS、例えばWindowsXP、WindowsVistaなどがインストールされたパソコン絶対に避けて下さい。

古いOSはマイクロソフトのサポートが終了しており、今後のセキュリティ更新が行われません。インターネットに接続した際のウィルス感染リスクが高いので、いくら安くても購入してはいけません。

これらの古いOSの問題点はウイルス感染のリスクだけではありません。最近のアプリケーション(ソフト)が対応していない(動かない)ケースも多々あります。

買うのはフリマサイトではなく中古パソコン専門店で

まず思いつくのはリサイクルショップやヤフオク、メルカリ、ラクマなどのフリマサイト(アプリ)でしょう。

状態の良いパソコンが安く手に入る可能性もありますが、基本的には避けた方が無難です。

例えばリサイクルショップでは査定するスタッフがパソコンに詳しいとは限らず、起動するかどうか程度のチェックしか行われていないことがあります。

また、インストールされているOSやアプリケーションについても正規品である保証がなく、パソコン自体がウイルスに感染している可能性もあります。

商品説明の写真はすごくキレイで傷がなくても、あえて隠すように撮影していたり、確信犯で不良品を出品する人もいます。事実管理人Haruもフリマサイトで被害にあっています。

以上から中古パソコンは正規品のOSがインストールされ、動作確認もプロがしっかり行っている中古パソコン専門店での購入を強くオススメします。

ジャンクワールド(JUNKWORLD)を今すぐチェック

そこでオススメしたいのが、インターネットの中古パソコン専門店であるジャンクワールドです。

サイト上部に検索する場所がありますので、上の画像のように

カテゴリー → ノートパソコン
価格を指定 → ~10,000円
に設定して下さい。実際に検索してみましょう。


SOLD OUT(品切れ)多いです。OSがインストールされていないものは、避けた方が無難です。

デスクトップパソコンの方も1万円以下で検索しましたが、ヒットしませんでした。

カテゴリー → ノートパソコン
価格を指定 → ~15,000円
それでは今度はこれで再度検索してみます。


なんと523件のヒット!消費税増税前は結構1万円以下のパソコンもあったんですが、税込み表示となり、1,000~2000円上がっている印象です。

スペック、OSはWindows10、CPUはCore-i3、メモリも4GB、光学ドライブも付いていたら、必要十分なスペックです

更に機種によってはWPSOfficeも付いています。これはMicrosoft純正のOfficeソフトではありませんが、数ある中でも互換性No1のソフトです。


キングソフト WPS Office 2 – Standard Edition|ダウンロード版
created by Rinker
キングソフト
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
WPSOfficeの定価は5,689円、Amazonで値引きされても4,653円。これが無料で付いてくるなんて冗談抜きでコストパフォーマンスは半端ないですね。

 

画像1


デスクトップパソコンの方も同じ条件で検索してみましょう。

カテゴリー → デスクトップ(液晶セット)
価格を指定 → ~15,000円

2件は在庫がありました。こちらもスペック的には十分です。

OSはWindows10、CPUはCore-i5、メモリも4GB、光学ドライブあり。そしてWPSOfficeも付いています。

デスクトップパソコンも液晶モニタ付きでこの価格です。こちらはさすがに14,800円ではありますが、この価格で購入できるってすごくないですか?

当然先ほどお話ししたように、安いからといっても海賊版のOSやアプリケーションがインストールされていることは100%ありません。

マイクロソフトが中古PC用に正規に供給しているOSがインストールされていますので、ウイルスに感染したパソコンをつかむことはなく、安心して使うことができます。

そしてうれしいことに、ジャンクワールドには30日間の無料保証も付いています。

この価格帯のパソコンでもしっかり保証してくれるのはうれしいですよね。購入初期に動かないなどのトラブルが起きた場合にも対応してもらえます。

「パソコンが必要だけど予算が1万円しかない…」

さすがに1万円は増税もあり厳しかったですが、税込み11,000円であれば購入できるパソコンがいくつもありました。

予算が限られているけどパソコンを探している方は、ぜひ一度ジャンクワールドの激安ラインナップをチェックしてみてくださいね。

ディスクトップパソコンは、ノートパソコンより少し高価になりがちなので、初心者の方は一度激安PCをご購入いただき、スペックが物足りないと思えば、次回購入時の一つの目安になりますので、パソコンを初めてご購入される方は、おススメの商品となっています。